FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
ブログ最適化のために、今日からいろいろ裏側のカスタマイズをやってみようと思います。

150601_1.jpg


今回は、SEO対策の基本中の基本であるメタタグに注目しました。
FC2には独自の変数がたくさんあって、それを適切な箇所に記入することによって
色んな事ができるそうです。
記事事にその記事にあったメタタグを自動生成してくれるタグがあるそうなので、そちらを導入しました。

meta name="description"を消して、下記を上書きするだけです。
テンプレートの中にmeta name="description"がない場合は<header>の中に入れてください。

<!--indexにだけ適用-->
<!--index_area-->
<meta name="description" content="<%introduction>" />
<!--/index_area-->

<!--それぞれの記事に適用-->
<!--permanent_area-->
<meta name="description" content="<!--topentry--><%topentry_discription><!--/topentry-->" />
<!--/permanent_area-->

<!--日付ページに適用-->
<!--date_area--><meta name="description" content="<%sub_title>の記事一覧│<%blog_name>" />
<!--/date_area-->

<!--カテゴリーページに適用-->
<!--category_area-->
<meta name="description" content="<%sub_title>の記事一覧│<%blog_name>" />
<!--/category_area-->

<!--検索結果に適用-->
<!--search_area-->
<meta name="description" content="<%blog_name>の検索結果│<%blog_name>" />
<!--/search_area-->


これを入れることによってこのブログの場合

TOPページのメタタグは
「<meta name="description" content="猫の日常と、趣味のDIYや生活お得情報を綴ってます。" />」

2015年5月29日の『最強!?H&Mは着ない服をクーポンに交換。店内の服はすべて返品可。』の記事のメタタグは
「<meta name="description" content="最近利用率が上がったH&M。なぜ上がったかと言えば、自分の家の着ない服を持っていくと一袋500円のクーポン券と交換してくれるから。袋はなんでもいいらしい。洋服は破けててもいいらしい。ということでコンビニ袋にTシャツ一枚入れて持って行ってみました。(さすがに破けた服ではないです(笑))見事に交換されました。クーポンは一回の交換で4枚までらしいので、4袋持っていけば500円×4=2000円分のクーポンゲットです。難点は30..." />」

カテゴリー『DIY』のメタタグは
「<meta name="description" content="DIYの記事一覧│猫、ときどき手芸" />」

2015年5月26日のブログのメタタグは
「<meta name="description" content="2015年05月26日の記事一覧│猫、ときどき手芸" />」

上記のように自動で変更されます。

メタタグは昔ほどSEOに関わりがなくなってきているようですが
いれておいて無駄ってことはないと思うので、SEOを強化したいと考えているようでしたら入れてみてください。
  1. 2015/06/01(月) 11:47:10|
  2. webメモ
  3. | コメント:0
<<アドセンス広告の関連性の精度を高めるセクションターゲット | ホーム | 最強!?H&Mは着ない服をクーポンに交換。店内の服はすべて返品可。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

DIY Recommend

Least Post

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。